つくばフォーラム2016

展示ご案内  NTT展示/コーナーⅡ

NTT

コーナーⅡ

「守り、支える」技術

は「おすすめ展示」です。

400Gイーサネットの標準化動向
将来の大容量メトロネットワークを実現するならコレ!
400Gイーサネットは、増大するトラフィックに対してネットワークスケーラビリティを確保する技術として期待されています。現在、IEEE802.3において伝送距離10km以下の規格の標準化が進み、伝送方式が固まりつつあります。 AS研は、より経済的なキャリアイーサネット網を構築可能とするために、40㎞伝送規格を追加することを目指しています。
地震で被災する管路を高精度に予測しNWの信頼性を向上する技術
どこをいつまでに耐震補強すればいいかが分かります
熊本地震の特徴や通信設備の被害の概要・被災予測技術の概要および被災予測メカニズムの動態展示・耐震対策技術(PIT、ST-LONG管)の概要及び耐震メカニズムの動態展示を行います。
マンホールの劣化予測技術
長生きの秘訣は鉄筋と環境にあり
マンホールの寿命を左右する鉄筋腐食の進行について、内部環境による影響を把握する研究を紹介します。
シールドとう道部分補強技術
いつまでも安定した地下空間を維持し続けます
シールドとう道の老朽劣化に対して経済的に耐力を回復する補強方法の研究について紹介します。
基盤設備の将来像
未来予測図 ~人手・コストのかからない姿へ~
基盤設備の維持・運用には莫大な人手・コストがかかっています。設備を永続的に維持していけるよう、AI等の新技術を活用し、業務が抜本的に変わる未来像を提示します。
光線路保守支援システム(AURORA・OTM)
これからも光ケーブルを守り続けます
光ケーブルの建設及び保守業務効率化を目的として、光線路保守支援システム(AURORA・OTM)が20年以上フィールドで使われています。近年、一部装置がEoLを迎えるため、新旧の装置を接続して経済的にシステム更改を行う「OTM-Ver2.0FS用IFコンバータ」の展示を行います。
高密度光ファイバケーブルの展開
世界最高密度の光ファイバケーブル
通信サービスの多様化が進む中で、新たなサービスに即応する柔軟なアクセスネットワークの構築に向け、新たな構造の高密度光ケーブルを展開しています。
風雪害等を抑止する家屋引留め工法の標準化
家屋引留め工法を標準化し風雪害等による故障を削減
C形金物取付け方法において下記の通り工法の標準化を図りました。
 ①C形金物取付位置を妻側にすることで脱落(家屋破損)とドロップ破断を回避
 ②現行よりネジ長を長くすることでC形金物の脱落(家屋破損)を回避
遠隔保守を実現する分岐光ファイバ損失測定技術
お客様の在宅状況に左右されないPON光線路試験の実現
PONシステムにおける光スプリッタ分岐下部ファイバの損失を個々に測定可能な光測定技術を紹介します。光スプリッタを用いたPONシステムでは、故障位置の特定や損失の測定にはお客様宅に入る必要がありました。本技術は、既存の所外光アクセス設備を一切変更することなく、通信ビルから遠隔で分岐の先までの評価が可能であり、現地へ赴く必要が無く、遠隔でこれらを可能とします。これにより、保守運用の効率化に貢献できます。
端末上にノウハウ情報を付加するアノテーション技術
誤操作ゼロを実現!画面上で正しい操作をナビゲーション
アノテーション技術は任意の操作画面上に情報を直接付与することでオペレータ操作をサポートするソフトウェアです。 今年は、更なる適用領域と支援効果を拡大する新機能についても動態展示します。
システム改造を必要としないUI拡張技術 (Augmented UI)
入力作業を簡単・確実に!業務シーンに合わせて使いやすい画面に自由にカスタマイズ
UI拡張技術は既存システムを改造せずに、入力規則の追加や入力内容の変換、プルダウンリスト表示等の機能を追加することができる技術です。業務シーンに合わせてカスタマイズすることで、操作の効率化やミス防止が実現できます。
オペレータ操作状況観察・支援技術
オーダの手戻り・滞留を解消! 端末操作にあわせて、自動で間違い探し&進捗把握
既存システムを改造することなく、オペレータのシステム操作状況にあわせて入力誤りチェック、管理簿への進捗の反映等、作業支援を実現する技術です。作業支援の動態展示に加え、今年は新たに、利用者が用途に合わせて簡易にカスタマイズできる機能を紹介します。
人の操作と連動するスクリプト実行技術
人手作業を徹底的に削減!定型的な作業を自然に自動化
従来の自動操作技術はオペレータが実行する必要がありましたが、本技術はオペレータの操作状況とタイミングに応じて必要な操作を自動的に行います。本技術により、オペレータが意識しないレベルの微細な作業を含めて広い範囲をカバーできます。 さらに、オペレータ自身が自動操作の実行条件を設定可能とすることにより、業務状況に沿った柔軟性の高い自動操作を実現します。
将来衛星通信用基地局構成技術
保守者の負担を軽減し、ユーザの利便性を向上
将来の衛星基地局構成技術として、現状より狭帯域間隔で多値変調信号をマルチキャリヤ伝送できる高性能モデム装置と高信頼性・高保守性を実現する高出力化送信機構成技術を展示します。
なりすましAP簡易検出ツール
セキュアな無線LAN環境の提供に向けて
公衆無線LAN環境において、なりすましAPの存在を検出し運用者等にアラームをあげる簡易ツールを紹介します。
電柱の無い美しい街なみ作りに貢献する新たな無電柱化方式【第4会場(屋外展示)】
管路を使わずに無電柱化し、安心安全で美しい街なみに生まれ変わります
無電柱化に対するNTTの取り組み状況をモデル設備を用い、お客様宅までの設備形態を紹介します。